源泉名 : 常磐湯本温泉 湯本温泉源泉
泉質 : 含硫黄−ナトリウム−硫酸塩・塩化物温泉(掲示用泉質名 硫黄温泉)
泉温 : 58.9℃(源泉)
温泉1kg中の成分
水素イオン濃度(pH) 8.2
蒸発残留物 1.780 g/kg 成分総計 1.782 g/kg
陽イオン ミリグラム 陰イオン ミリグラム 遊離成分 ミリグラム
ナトリウムイオン (Na+) 540.5 フッ素イオン (F-) 4.5 非解離成分
カリウムイオン (K+) 7.0 塩素イオン (Cl-) 617.6 メタケイ酸 (H2 Si O3 86.1
マグネシウムイオン (Mg2+) 1.2 臭素イオン (Br-) 2.4 メタホウ酸 (HBO2 21.3
カルシウムイオン (Ca2+) 60.2 ヨウ素イオン (I-) 0.4
リチウムイオン (Li+) 0.2 硫化水素イオン (HS-) 10.1 非解離成分計 107.4
ストロンチウムイオン (Sr2+) 0.8 チオ硫酸イオン (S2O3 2-) 3.9
アンモニウムイオン (NH4+) 0.6 硫酸イオン (SO4 2-) 342.5 溶存ガス成分
炭酸水素イオン (HCO 3-) 109.6 遊離二酸化炭素 (CO2 14.8
遊離硫化水素 (H2S) 0.7
610.5 1091 溶存ガス成分計 15.5
その他の微量成分 ミリグラム
分析機関: 福島県福島市方木田字水戸内16-6
福島県衛生公害研究所
入浴を控えたほうが良い疾患及び症状(禁忌症)
(1)この温泉固有の禁忌症 (2)温泉の一般的禁忌症
皮膚、粘膜過敏の人、特に光線過敏症の人 急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、
重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、
その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(特に初期と末期)
入浴により改善が期待できる疾患及び症状(適応症)
(1)この温泉固有の適応症 (2)温泉の一般的適応症
慢性皮膚炎、慢性婦人病、切り傷、糖尿病、
やけど、動脈硬化症、虚弱児童
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、
うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、
疲労回復、健康増進
いわき市健康・福祉プラザ 『いわき ゆったり館』
〒972-8321 福島県いわき市常磐湯本町上浅貝22-1
TEL 0246-43-0801(代表) FAX 0246-43-0804
Copyright © 2006 Iwaki Yuttarikan. All rights reserved.